かわいいひと

「可愛い人」でも「かわいい子」「美人」「綺麗な人」でもなく、

「かわいいひと」っていうのは存在すると思う。

ウルフルズも歌っているように。

 

その人は職場の先輩で、三連休の中日に、鎌倉まで来てくれた。

緑色のギンガムチェックのワンピースと、トレードマークのリュックサックで。

 

とびきり美女なのに化粧っ気がなくて、それが更にうずらの卵をちょこんと乗せたような頭の形を際立たせている。手足が長いのに、あまり見せない。

自分を良く見せようとかは、あまり思考回路にないみたいで。

 

由比ヶ浜の海の家で乾杯するために駅から海までの道のりを歩き、一足1300円のサンダルを、「気に入ったから」「履き潰しても悲しくないから」という理由で同じ色のものを3足も買ったとか、話す。

私は彼女の、彼女なりの判断基準や、目に映るものや耳に入るものについて聞くことが好きだ。

一緒にいると、おしゃべりするよりもその人が話しているのを見る方が楽しい。

独特の視点と角度で出会ったものやことををまっすぐ切り取って、

その人に起こった出来事やその人の受け取り方を聞いている。

頭の中で起こっていることや経験してきたことは 

ここでは書けないような濃いことばかりなのに、擦れてはいない。

 

疑い深いのに、先入観が全くない。

信じられない勢いで物事を進めるのに、知らないところですごく傷ついている。

世間が欲しいものをたくさん持っているようでそれを全然欲しがっていない。

自意識があるのに、気持ち悪さはまるでない。

欲せば手に入るものもたくさんありそうなのに、最低限以上のものは欲しがらない。

 

ある種の純粋さを持ち合わせていないことを自覚している人は、

その瞬間を生きている彼女のアンビバレンスさに惹かれ、気がついたら保護者になっている。

 

「自分が美女っていう自覚はありますか」と聞いたら「最近、そう言われるってことに気づいた」と話す彼女の嘘のない目は、

人は何かになろうとしても無理で、自分のままでしか生きられないんだということを教えてくれた。不器用でもそのまま生きている姿に勇気をもらう人はたくさんいるよね。

 

 

書くことについて

長い間、パソコンというパソコンを持たずに生活をしてきた。

一度、当時付き合っていた人に新社会人祝いで買ってもらったsurfaceは、

なんだか小さくて使い勝手が悪くあんまり好きになれなかった(有り難く使ったけど、たくさん。でもワクワクすることには使わなかった)ので、それにお礼を伝えて下取りに出しつつ、1か月前に思い立ってMacBookビッグカメラで買ったのです。

 

なんかやっぱりリンゴマークのシンプルなデザインが好きだっただけなんだけど、実際に使ってみると、軽いし、早いし、iPhoneと互換性バッチリだし、ctrlがcommandに代わり、指の位置の記憶修正ができないこと以外は、あー買ってよかった!と思っている。

 

自分の中にあることを書いて見たいと思った動機はたくさんあるけれど

ひとつはMacで文章書いてたらかっこいいわな・・・と言う思いと、もひとつは

やっぱり、仕事でも生活でも想いや感じたことを言葉にすることへの苦手さを昔からすごく感じていて、表現できなくてもどかしい想いをしたりとか、近い人にもわかってもらえている実感を得られないこともあったことが、一番のそれだと思う。

 

表現された音楽や文学やコンテンツ、写真、絵でもなんでも 自分の感性を重ねあわせて共感することを 私たちは日常的に息をするようにするし、その好みは千差万別 色々な影響を受けていると思うけど、ここ2年くらいは 時折そういった行為が自分の中で「消費してばかりだな」とか、何も生み出していない実感を強めるものになったりとかで、ちょっとどう折り合いをつけていけば良いのかわからず迷ったりもしていて。

こうやって書くと、自分でもどんな大したもの書くねんとツッコミそうになるのだけど、始める前から、理想を描きすぎてその理想に押しつぶされ断念するのが私の悪い考え方の癖なもので、だから、自分ジャッジメント(良いも悪いも)せず、続けて行こうと思う。

 

私が書いてきたものといったら、

ツイッター

仕事のメール

iPhoneのメモ

だしね。笑

 

午後は歯医者に行ってきまぁす。

 

優雅な朝

おはようございます。

誰が受け取るかわからない文章を書くということはなんだか不思議な感じがするもので

 

8日には瞑想修行から帰ってきていて

その後は家で考え事や読書や云々する日々なのに、

なんだかテーマが大きくて気が重くて腰も重くてなかなか書き始められない感じ

 

仕事を休んでいるので、フルタイムで働いていた分の余白が毎日ある。

その余白の輪郭が引き延ばされすぎて解像度が下がったり

逆に余白の中に詰め込みすぎて結局余白で無くなったり

そういうことがないように、淡々を生活したい気持ち。

 

とりあえず、書きたいと思っているテーマについてだけ、

ここに羅列しておこうと思うに!

 

 

・書くことについて

うつ病になった話

ヴィパッサナー瞑想の話

・愛の話

・私の周りの可愛い人たち

・身の回りをちゃんとしたい話

 

 

ゆっくり自分のペースで更新をしていこ・おー!

 

ヴィパッサナー(瞑想修行)に行ってくるよ。

存在自体は7年ほど前から知っていたヴィパッサナー

Vipassana Meditation: 日本

 

最近ひょんなことからヴィパッサナーに行ってきた人の話をきき、

ふと行ってみようと思い申し込みをしていたのだけど、

明日からのタームのキャンセル待ちに空きが出たとのことで、

明日から12日間 電子機器はじめ色んな嗜好品とさらばして行ってくることに。

 

家でゆっくりするのも良いけど、

新しい体験も良い。

これを機に瞑想の方法が習得できると良いな。

 

終了後また記事を書きます。

 

 

はてなブログの見た目が一番好き

ブログはじめました。

 

細々でも、続けることが目標。

 

頑張りすぎずに、ほどほどに、書いていく。