Nのために

湊かなえ原作のドラマを見た。

湊かなえの小説は家族揃って好きだけど

Nのためには ドラマではじめてその物語を知った。

 

わたしは神奈川県で生まれて、中学生くらいの時は田舎独特の多少の抑圧は感じたことがあったけれども、いわゆる主人公の女の子のような どうしようもない悲しい現実を前に逃げられない境遇、環境(お金とか、田舎の島であることとか、理想とはかけ離れた家族とか)にぶちあたり、歯を食いしばって生きてきたことは無いと思う。

 

主人公のの女の子のセリフとして、下は見ない、上を向く。という言葉が何回が出てくるのだけど、

さて、小説とはいえども 彼女のような境遇におかれた人は現代社会にいて もしかしたら 近くに 普通の大人として あるいはきらきらした人生を送っているように見えるその人なのかもしれない。

 

なにが言いたいかというと 経験は その人だけのものであって 経験から生まれた考え方を侵すことは出来ないということ。

自分の思う正しさを押し付けることは その人の過去に土足で入っていくことにもなりかねないんだな と感じた。

それがたとえ違和感を覚えるものであっても。

相容れない人同士は おそらく理解しあえる経験が重ならない人たちなのかもしれない。

今の会社は多様性という言葉が共通言語として使われていて

その言葉に対してわたしは ジェンダーや国籍や人種、障害のあるなし、特性の違い 等と理解していたけど本当は島国である日本の中だって、それぞれ侵せない経験があって成り立つ 全ての人を尊重することが多様性の一つとも言えるような気がする。

相容れなさを受け入れること。

正しさは時に 何にもならないということ。

そこからはじめるということは、相手を尊重するとともに、誰にも侵せない自分自身をつくりあげるものを尊重するということなんじゃないか。

全ての人とわかりあうことは無理だ。でも、縁あって周りにいる人をいかに尊ぶかというところからはじめたい。

 

苦しみはいつの時代にもついてまわる。

100年前は飢餓、現代は情報操作から生まれた序列による苦しみ、未来はなんだろうか。いつになったら愛で包まれるのか。そういう節目に生きていると思う。

 

今は幸せでもいた自分に降りかかるかわからない。

どんなに幸せそうに見えても 傷ついていないとは限らない。

本当に生きてる間は修行だなと思う。

輪廻転生の運命に生まれた限り、自分のこと以上に大切に思う人を見つけて大切に愛を育むことは、

意味がないようでいて、だからこそすごく尊いことなんじゃないかと思える。

 

 

とても良くできた物語だった。

今のタイミングで出会ったことの意味を考えながら、今度は原作を読むのだ。究極の愛とは何かを、わたしも探す。